閉じる

公開日:2017年03月01日   更新日:2017年09月27日

公社・公共団体/教育サービス/その他サービス/官公庁・自治体/団体・事業団

ロゴ

株式未上場

サッポロセイショウネンジョセイカツドウキョウカイ

公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会

正社員
ブックマーク
CSRに積極的 シェアトップクラスを誇る会社 無借金経営の会社
女性の比率が高い会社 年間休日120日以上 公共性の高い仕事

PRコメント

【私たちの財団をイメージできるでしょうか?】
社会貢献・地域活性化などを目指す会社は数多くあります。当財団は、人々が集う居場所づくりやイベントの企画運営などを通し、青少年と女性が社会とのつながりを持つ機会や場を提供しています。
変わり続ける時代のニーズに応え、人と人がかかわっていく方法を、考え続けていく仕事です。
地域発展につながる新しい仕組みを一緒に創りあげられる人と働きたいと思っています。

この街をもっと、この街にもっと。

皆さんこんにちは。
さっぽろ青少年女性活動協会のページへアクセスしていただきありがとうございます!
私たちは、この街の将来を支える青少年や女性の社会的支援を通して地域の活性化を目指しています。
変わり続ける時代のニーズに応えながら、人と人がかかわっていく方法を、考え続けていく仕事です。

人と人のつながりを、形にする仕事です。

私たち活動協会の仕事は、施設を利用してくださる市民の方々に対して様々な企画サービスを提供することだけではなく、様々な方々が集まる機会や場の提供を行っています。国際的なイベントであるさっぽろ雪まつりや被災地支援の取組み、札幌市内で行う多数の市民参加型イベントなど、私たちがきっかけを作ることで新しい出会いの機会が生まれ続けています。

会社プロフィール
事業内容 (公財)さっぽろ青少年女性活動協会は、1980(昭和55)年4月1日に札幌市の出資によって設立された財団です。
財団によってグループワーカーの専門家を確保し、青少年の健全育成と青少年女性の社会参加の促進を図るという目的を持っています。
設立当初は、グループ活動の指導者の養成や、キャンプ活動・レクリエーション活動等のプログラムの企画・指導等、全市的視野に立っての事業が主流でしたが、次第に協会のグループ活動に関する手法とこれらの業績を評価していただき、現在では、札幌市滝野自然学園のほか、多くの青少年女性に関する諸施設の管理運営を札幌市から受けるに至っています。
設立 1980年4月
基本財産 1000万円
売上高 55億7655万円(2016年3月現在)
社員数 1698名 (2017年2月現在)
平均年齢 36.8歳(2016年4月現在)
代表者 理事長 岸 光右
財団本部 〒063-0051 北海道札幌市西区宮の沢一条1丁目1番10号
TEL 011-671-4121
採用担当窓口 〒001-0908 北海道札幌市北区新琴似8条1丁目1番34号ニュー鳳ビル2F
TEL 011-299-4590
事業所 札幌市若者支援総合センター:中央区
札幌市若者活動センター:市内4館
札幌市内児童会館・ミニ児童会館:市内201館
札幌市こどもの劇場「やまびこ座」:東区
札幌市こども人形劇場「こぐま座」:中央区
札幌エルプラザ公共4施設:北区
札幌市定山渓自然の村:南区
札幌市青少年山の家:南区
札幌市北方自然教育園:南区
札幌市滝野自然学園:南区
今も昔も「人とのつながり」を大切に CLOSE UP!

「こどもが人とのつながりを失っているから、こどもらしくのびのびと育てる環境を作ろうよ!」、設立当時の業務内容は、至ってシンプルなものでした。それから35年。時代は変わりました。当初15人で始めた事業が、気づくと1500人を超えるまでに拡大し、滝野自然学園1つから始めた施設運営数も、214まで増えました。それだけ、解決すべき課題も増えています。幅広い業務を行う中でも、一人ひとりが成長するための「きっかけ」を提供する。地域活性化を目指しているという軸は今までもこれからも変わりません。社会の課題を敏感に察知し、新しい時代のニーズに合わせた取り組みを一緒に目指してくれる方と働きたいと考えています。

人と人を結ぶ、つながりを形にする仕事

人と人とのつながりを通して、街の未来を創造していく仕事。私たち青少年女性活動協会にとって、日々の出会いが仕事そのものです。例えば、児童会館の小学生たちのクラブ活動の様子を、乳幼児を連れて来館している保護者の方に話をしたところ、手伝ってくれるようになったケース。ボランティアの方たちを取りまとめてアイディアを出し合い、地域の行事や国際交流イベントを運営したケース。若者とのネットワークを活かして、地域活性化のイベントを立ち上げたケース。どれも皆、私たち職員がそのきっかけを担ってきました。街に暮らす全ての方たちを対象として、幅広い世代とコミュニケーションを取りながら仕事をしています。

さっぽろの「未来」を一緒に創造したい

昨今、少子高齢化や労働人口の減少など様々な社会問題が生じている中で、人口構成の変化をとらえた事業展開をしていくことが先々を見据えた法人経営のために欠かせません。また、職員一人ひとりが財団の果たすべき役割と使命を自覚し、事業効果を最大限に高めていくことが求められています。「従来通り」をよしとせず、目的に立ち返り目標を掲げ、それを実現することで成果を出し、社会に貢献し続ける公益財団法人でありたいと考えています。私たちの業務内容は年々発展しており、「青少年」や「女性」にとどまらず時代のニーズに合わせて変化してきました。このフィールドを利用して、私たちと一緒に札幌市の明るい未来を創っていきませんか?

採用窓口 採用窓口名称 公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会 採用担当
住所 〒001-0908 北海道札幌市北区新琴似8条1丁目1−34ニュー鳳ビル2階
受付電話番号 011-299-4590
Eメール syaa-saiyou2018@syaa.jp
担当者 総務課 吉川・本村・鷲塚

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。