閉じる

公開日:2017年06月27日   更新日:2017年12月15日

  専門商社(事務機器・電子・OA関連)/その他商社/通信/専門店/その他サービス

株式未上場

カブシキガイシャクロサワ

株式会社クロサワ

正社員
ブックマーク
ISO規格取得済 プライバシーマーク取得済み 無借金経営の会社
好立地・快適なオフィス環境 歴史と伝統のある老舗企業 資格取得バックアップ

クロサワって何をしている会社ですか?

株式会社クロサワは『情報機器』・・・現在は主に富士通製のコンピューターやサーバー、それに付随するソリューションやシステムおよびサービスと、NTTドコモのモバイル端末など、時代の最先端をいく『人と人』『会社と会社』をつなぐ情報機器を取り扱っています。

会社プロフィール
事業内容 ■モバイル端末販売店運営(ドコモショップ銀座中央通り店/勝どき店)
■ドコモ商品の法人向け販売・保守および各種モバイルソリューションの提案・構築等
■富士通製パーソナルコンピュータ、IAサーバー及び周辺装置の販売・保守
■各種ITソリューションの提案・構築・保守
創業 1901年5月
資本金 4億9500万円
売上高 24億5100万円(2016年3月期)
社員数 42名 (2017年6月現在)
平均年齢 35.7歳(2017年4月現在)
代表者 間藤 正浩
本社所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目9-2 クロサワビル
TEL 03-3571-8441
関連会社 黒沢不動産株式会社(クロサワグループ親会社)
100年を超えるクロサワの歴史 CLOSE UP!

1901年(明治34年):5月 黒澤貞次郎(1875〜1953)黒沢商店を創業。東京・京橋区弥左エ門町(現銀座4丁目)に店舗を設ける
1912年(大正元年):東京・京橋区尾張町2丁目(現銀座6丁目)に黒沢商店ビルを建築して移転
1916年(大正5年):東京・蒲田に工場を建設し、電信用タイプライター及びセクショナル什器の製造を開始
1917年(大正6年)〜1939年(昭和14年):米国スミス・コロナ社(タイプライター)、IBM社(会計機・タイムレコーダー)、バロース社(計算機)、マーゲンタラー社(ライノタイプ)等の総代理店として事務用機器の輸入販売を行う
1940年(昭和15年):昭和5年より試作してきた和文印刷電子機が完成し、逓信省への納入開始 (東京〜大阪間の実用開始は昭和12年)
1953年(昭和28年):組織を株式会社に改め、株式会社黒沢商店が発足
1957年(昭和32年):富士通株式会社と共同出資により黒沢通信工業株式会社(現富士通アイソテック株式会社)を設立
1965年(昭和40年):富士通コンピュータシステムの販売を開始
1979年(昭和54年):本社ビル改築工事に着手(8月)、本社ビル竣工(翌年12月)
1989年(平成元年):社名を株式会社クロサワに改める
1995年(平成7年):NTTドコモとの携帯電話・ポケットベルの販売を開始
1999年(平成11年):NTTグループへの販売拡大に伴い、NTT営業部を開設(10月)
2003年(平成15年):ISO14001環境マネジメントシステム(JQA-EM2950)取得(1月)
関連会社として、株式会社エコ・ステージ2003設立(10月)
2006年(平成18年):プライバシーマーク(第A580021(01)号)取得(5月)
2008年(平成20年):プライバシーマーク(第10580021(02)号)、JIS Q 15001:2006準拠 取得(5月)

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。