ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ >シューカツOnline > 就職生必見?面接を突破するためのコツとは

就職生必見?面接を突破するためのコツとは

2017.1.05

将来の仕事をどうするか考えながら就職活動を行っているという人も多いかと思います。自分が働きたい仕事に就くというのは本当に難しいものです。
就職活動における難関のひとつが面接です。面接は経験を積むことやリハーサルを行うことも大切ですが、面接を突破していくコツというものはあるのでしょうか?
そこで今回は、特に「話し方」に焦点をあてて、面接で気を付けるべきコツについて聞いてみました。

笑顔や敬語など面接で気を付けるべきことはたくさん!

アンケートの結果、落ち着いて話す、正しい敬語を使うなど話し方について気を付けるポイントが多いことがわかりました。

緊張すると思いますが、落ち着いて自分の気持ちを面接官に伝えることだと思います。(30代/男性/会社員)

敬語、丁寧語の使い分けをきちんとすることだと思います。敬語、丁寧語はビジネスでも必須の項目なので、この辺がゴチャ混ぜだと上手くいかないような気がします。(40代/男性/会社員)

相手の求めている事を察知し、面接官の呼吸に合わせた話し方をする事です。(40代/男性/会社員)

まずは面接の方の目を見てしっかり話をすること。分からないことはうやむやに答えないで、はっきりと分からないと伝えることも大切です。また緊張はすると思いますが、『え〜』や『えっと』など、話を繋げようとする言葉を多用するのはあまりいい印象は与えないと思います。(30代/男性/会社員)

緊張したとしても、相手から質問されたことに対して会話のキャッチボールが出来るよう、語りかけるようにして話す事が大切です。(30代/男性/会社員)

面接の際、どんなに立派なことを言っていてもそれが面接官に伝わらなければ意味がありません。また、正しい言葉づかいに気を付けなければ悪い印象を与えてしまうでしょう。
落ち着いて話す、ゆっくりと話すという回答からもわかるように、ごまかさず、落ち着いて相手に自分の気持ちを伝えることが大切だということがわかりました。敬語を正しく使えることも、今後のビジネスにおいて安心であると面接官に好印象を持たれそうです。
また、そのほかにも相手の求めていることを察知することも重要だという意見がありました。自分が面接官になったつもりで、相手に合わせた話し方、コミュニケーションを心がけることは、面接を突破するためにとても大切なことだということがうかがえます。

話し方に気を付けてベストな面接を!

今回のアンケートでは、面接の話し方についてのコツを聞いてみました。
その結果、緊張せずに落ち着いてゆっくりとはっきりした声で話すという意見が多く挙げられました。自分の意見を相手に伝えるためにも、相手が聞き取りやすいと思える声の大きさやスピードは非常に重要のようです。
そのほかにも、敬語や丁寧語をうまく使う、相手の意図をくみ取って話すと良いというアドバイスも挙げられています。
自分の希望する仕事をするための重要な面接、後悔のないように何度もリハーサルを行い、正しい話し方に注意する必要がありそうですね。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】男性【職業】会社員 会社役員 公務員 契約派遣社員 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス
■調査期間:2015年12月01日〜2015年12月15日
■有効回答数:100サンプル

この記事に興味のある方に役立つオススメの記事

明日は第一志望の面接!前日に不安で寝れない時はどうする?

いざ面接!会場につくのは何分前を心がけていますか?

就活を成功させるための面接!服装はスーツ?私服?


新規会員登録