ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > マナーの掟 > 訪問の仕方

マナーの掟 就活基本マナー
其の五:訪問の仕方
其の一 言葉づかい
其の二 電話
其の三 メール
其の四 手紙
其の五 訪問の仕方
其の六 席次
其の七 ファッション
企業訪問やOB/OG訪問では、マナーも大切ですが、基本は自然なコミュニケーション。準備をきちんとしておけば、リラックスして自分らしさをアピールできるはずです。
ここでは時系列に沿って説明していきましょう。
アポイントをとる
 企業訪問については、その会社の採用担当の部署に連絡。OB/OG訪問は、ゼミやサークルなどの卒業生名簿にあたったり、大学の就職部に相談するのが早道です。どうしても見つからない場合は、企業の人事部に紹介してもらいましょう。
電話やメールで、訪問の目的と、自分の名前と学校学部を伝えて、相手の了解を得ます。電話をかけるときは、相手の忙しい時間帯である就業直後は避けるのがエチケットです。
アポイントの日時や場所については、相手の都合に合わせること。
なにかの事情でアポイントを変更しなければならないときは、すぐに相手に連絡しましょう。訪問当日には、変更に応じてくれたことに対するお礼を忘れずに。
当日
 約束の時間には早めに到着するように。時間に余裕を持つことが、気持ちの余裕にもつながります。もしも遅刻しそうなときは、かならず連絡を入れましょう。
会社へうかがう場合は、まず受付で取りついでもらいます。「わたくし、○○大学の○○と申します。□□部の□□様にお約束をいただいてまいりました」と伝えます。
応接室や会議室などで待つ場合もあります。お茶など出されたら、「ありがとうございます」とお礼を忘れずに。
面談相手が来たら、立ちあがってハキハキと挨拶をします。「本日はお忙しいところ、お時間をいただき、ありがとうございます。○○大学の○○です」
面談
 話をしたいこと、質問内容については、あらかじめまとめておくことです。緊張して早口にならないように注意しましょう。もちろん、言葉づかいにも気をつけること。
話をしているときは、相手の顔を見ること。目をあわせようとするのではなく、相手の鼻のあたりに視線をおくようにすると、自然です。
面談が終わったなら、「お忙しいところありがとうございました」と、お礼を忘れずに。
そのほかの注意点
 会社内ですれ違った人には軽く会釈をしましょう。また、帰り際に受付の前を通ったら、「失礼いたします」と挨拶をします。
自分が持っていったカバンはテーブルの上に乗せず、足元に置くようにします。
コートは、会社のビルに入る前に脱いで腕にかけます。部屋では、たたんで椅子の背もたれにかけるか、カバンの上におくようにします。
名刺をもらった場合は、すぐにしまわずに、テーブルの上に置いておきます。
言葉づかい電話メール手紙訪問の仕方席次ファッション
このページのTOPへ

新規会員登録